太陽ホーム トップページ >> 最新実例紹介 >> 屋外 >> S様邸 屋根カバー工法・外壁塗装工事

最新実例紹介

屋外S様邸 屋根カバー工法・外壁塗装工事

屋根重ね葺き・雨どい交換・外壁塗装を纏めて工事したのでお安くご提供できました!!

雪止めが要らない屋根材「デュプロマット」でアルミが多く含まれた「ジンカリウム鋼板」なので製品保証は【なんと30年保証】が付いています

リフォームデータ
リフォーム部位屋外
概算工事費用¥3,000,000-
建物木造 戸建て
築年数築27年

リフォームのきっかけ

何度か塗装をしてきたが、屋根材がダメになってきている。前回塗装業者にも次回はカバー工法を薦められていた所、地元の会社にお願いしたく当社にご依頼。併せて大屋根の木製破風の腐食が心配。

  • 大屋根の木製破風が、雨により腐食しています。

  • ガルバリウム鋼板で破風を巻き込み、通常はしないのですが今回は外壁塗装もある為、他の塗装した破風と同じ色の塗装をし、統一感を出しました。

  • 雪害で雨どいが落ちています。雨が降るたび下に滴って困っていたそうです。「よく見つけたね!!」とお褒めのお言葉を頂きました。

  • 雪害により、雨どいの受け金具も外れてガタガタしていましたが、上吊りにより今後は強くなったと思われます。

  • 塗装施工前 バルコニーの排水ドレンが、下向きでしたので追加ご提案で防水塗布をさせて頂きました。

  • 足場解体前 完了確認時の写真。施工期間中は積雪もありましたが、解体時にはサクラが咲いていました。

  • 既存コロニアル屋根にルーフィングを張ります。「改質ルーフィング」というランクは上の部材を当社は使用しました。

  • 施工中 写真。下から重ねながら葺きます。勾配があっても先ほどのルーフィングを張ると滑らないのである程度の勾配までは施工可能でございます。

  • 足場全景写真

  • 屋根施工完了後に積雪がありましたが、ご覧の通り雪止めが要らなく滑りづらいので、隣地にも雪害でご迷惑掛ける事も少なくなるでしょう

雨どいの雪害も現調時に見つけて頂いた為、雨どい交換も含めご提案頂いた。保険の申請もし工事金額も安価になった。
次にリフォームしなくてよい様に、良い屋根材を薦めて頂いた。

ページトップへ
お問い合わせ