太陽ホーム トップページ >> 何でも相談室 >> 水回りワンポイントアドバイス

何でも相談室

水回りワンポイントアドバイス

  • キッチン

    キッチンを選ぶときのポイントは?

    自分にとって使いやすいキッチンを選ぶということが基本です。
    まずは高さ。カウンターの高さの目安は一般的に(身長÷2)+5cmと言われています。各メーカー、高さが選べますので使いやすく疲れにくい高さのキッチンを選びましょう。清掃性や消音という点にも各社力を入れており、カウンタートップの材質や扉の材質で清掃性が違ってきます。引出し収納では収納する物の大きさや重さも選ぶポイントになります。重い物を入れていても楽に引き出せる重量用の引出しレールであったり、引出し内の有効高さで選びましょう。

  • キッチンのレイアウトはどう選べばいいの?

    部屋の広さ、作業の「動線」を考えたコンロやシンク、冷蔵庫のレイアウトを考えてダイニングやリビングとの繋がり方でレイアウトを考えましょう。
    【レイアウト別】
    オープンスタイル…キッチンがダイニングやリビングと仕切られていないタイプ。動きやすく、高齢者や幼児に目が届きやすいなど家族同士のコミュニケーションもとりやすくなります。ただし仕切りがないため調理時の匂いや音がダイニングやリビングに伝わりやすく、またどこからでもキッチンが見えるので収納などにも配慮が必要です。
    クローズドスタイル…他の空間と仕切られている独立スペースのタイプ。作業効率が良い反面、他の部屋の様子が分かりにくかったり、家族とのコミュニケーションがとりづらくなることもあります。
    セミオープンスタイル(対面型キッチン)…家族とのコミュニケーションがはかりやすいオープンタイプと、煙・音が遮断できるクローズドタイプの両方のメリットを活かしたタイプです。調理をしながらダイニングやリビングを見渡せるので家族の様子を確認できます。
    【配列別】
    I型…ガス台、調理台、シンクが一列に並んだ型で、作業しやすくスペースをとりません。
    U列型…ガス台などと調理台が2列になっている型でスペースがフル活用できます。
    L型…L字型にシンク、調理台、ガス台が並んでいる型でゆとりがあります。
    U型…U字型にシンク、調理台、ガス台が並んでいる型で作業しやすく複数の人でもOKです。
    アイランド型…シンクや調理台などの一部または全部を壁面から離し、キッチンの中央に置く型。リビングと一体感のある、開放的なレイアウト。
    大人数でにぎやかにお料理ができます。
    ペニンシュラ型…一部を半島のように突き出させています。家族とのコミュニケーションを重視したキッチンスタイル。

  • キッチンの場所を変えることは可能?

    キッチンの移動では、排気や排水の検討が必要です。排水のための勾配がとれて、給水・給湯の配管、排気工事が可能であれば、どの位置へも移動できます。

  • キッチンのリフォームには何日くらい必要?

    標準工期は3日間です。

  • キッチン周りの設備は、どんなものがあるの?

    【ビルトイン食器乾燥器・食器洗い乾燥機器】
    流しで洗った食器や調理器具を乾燥する機器が食器乾燥器。乾燥のほかに収納庫としての役割も果たしています。一方、食器や調理器具を洗って乾燥、そして保管・収納するのが食器洗い乾燥器。シンク回りのベースキャビネットの中に組み込まれます。いずれにしても、食事の後片付けをスピードアップしてくれる、便利なキッチン設備として人気が高まってきています。
    【足元温風機】
    キッチンの台輪部分に組み込める足元温風機は、場所もとらず冷えがちな足元を有効に暖めます。
    【生ゴミ】
    生ゴミの処理方法や保管場所に合わせて、ベースキャビネットにビルトインできるゴミ容器や、腐敗や悪臭を防ぐ冷凍処理機、生ゴミをコンパクトにまとめる粉砕脱水機など、さまざまものがあります。

  • バスルーム

    システムバスを選ぶときのポイントは?

    住まい全体を考慮しつつ、広さと開口部の位置を確認することから。窓や出入口の形状が決まれば、どんな空間になるか把握できると思います。また、心地よい空間にするため、安全面(手すりや滑りにくい床材)や掃除のしやすさなども考慮しましょう。
    広さは標準サイズとして1216(0.75坪)1616(1坪)1620(1.25坪)1624(1.5坪)サイズなどがあります。
    その他、間口に合わせて選べるシリーズもあります。

  • タイル張りのお風呂からシステムバスに変えられるの?

    はい、変えられます。

  • お風呂のリフォームには何日ぐらい必要?

    標準工期でユニットバスからユニットバスへのリフォームは2〜3日間。タイル貼りの浴室(在来工法の浴室)からユニットバスへのリフォームは5〜6日間です。

  • こだわりのお風呂にしたいんだけど…

    そんな方にはシステムバスではなく在来工法の浴室がおすすめです。バスタブやタイル、水栓などの好みのパーツが選べ、サイズ・形状も自由に出来ます。防水工事が必要でプロの手作りになるため、システムバスに比べ工期が長くコストもかかりますが、オリジナリティいっぱいの浴室にリフォームできます。

  • お風呂の設備には、どんなものがあるの?

    浴室乾燥暖房機やTV・AV、ミストサウナやジェットバス、バリアフリーに対応したものまで各メーカさんから出ています。

  • エコポイント対象商品のお風呂があるってききましたが…

    高断熱浴槽の設置が対象です。『窓の断熱』または『外壁、屋根・天井・床の断熱』の改修工事と合わせて高断熱浴槽の設置工事をすると2万ポイントがプラスされます。対象商品は一定の保温性が確認されたもので、住宅エコポイント事務局に登録されたものになります。

  • トイレ

    トイレを選ぶときのポイントは?

    清掃性を考慮した汚れがつきにくく落ちやすい素材のものが人気です。またおすすめなのが洗浄暖房便座です。節水・節電・脱臭・部屋暖房機能などバリエーションが豊富です。便器と一体になった、すっきりしたデザインのものもあります。サイズも種類もメーカーによりいろいろ。機能、デザイン、予算などライフスタイルに合わせ選びましょう。

  • トイレには種類があるの?

    【ウォシュレット一体型トイレ】
    ウォシュレット機能を便器と一体型に組み込んだタイプのトイレです。高機能なタイプも増え、サイズもコンパクトになってきました。パーツが一体化しているので継ぎ目部分や溝が少ないのでお掃除がしやすくなっています。
    【タンクレストイレ】
    洗浄水を溜めておくタンクのないタイプのトイレです。タンクがない分トイレを広く使うことができますが、手洗器を別に設置する必要もあります。最近では内臓タンクからの加圧により、低水圧の環境でも設置できるようになりました。また貯水タンクが無くなり、ウォシュレットに瞬間湯沸かしタイプを使用する事で、電気代も従来よりも節電されています。
    【システムトイレ】
    お好みの収納・手洗器・カラーなどを組み合わせることのできるタイプのトイレです。収納スペースに小物を収納できるので床に物が溢れず、トイレがすっきり片付きます。凸凹やすき間も少なく、掃除も簡単です。

  • トイレの設備には、どんなものがあるの?

    ウォシュレット機能やバリアフリーに対応した手すりなどがあります。また暖房機器では温風ヒーター(壁埋め込み型にすれば場所もとらず、安全。)や赤外線輻射暖房(トイレ使用時のみの一時暖房であれば空気を暖める温風式よりも、熱が直接体に伝わる輻射暖房の方が効果的。ただし、大型のものでないと即暖感は得られません。)パネルヒーター(薄型なので場所をとりません。即暖性はあまりないので24時間連続暖房に向いています。)などがあります。

  • トイレのリフォームには何日くらい必要?

    標準工期で1日です。

  • エコポイント対象のトイレがあると聞きましたが…

    節水型トイレが対象です。『窓の断熱』または『外壁、屋根・天井・床の断熱』の改修工事と合わせてトイレの改修工事をすると2万ポイントがプラスされます。対象商品は一定の洗浄性能等が確認されたもので、住宅エコポイント事務局に登録されたものになります。

  • 洗面

    洗面化粧台を選ぶときのポイントは?

    洗面所には、さまざまな形や大きさの物を効率よく収納することになります。必要な収納スペースや方法をしっかり検討し、洗面所に収納するものは何か、他の収納スペースとの関連も考えるようにしましょう。また、洗面脱衣室に設置する場合、洗顔や歯磨き、お化粧や脱衣、洗濯とさまざまな用途で使われる場所になるので、それぞれがスムーズに行うことができるような機能を持つ洗面化粧台を選ぶといいでしょう。

  • 洗面化粧台には、どんな種類があるの?

    システムタイプ…システムキッチンと同じように、カウンターやボウル、水栓金具、収納キャビネット、扉材の素材やカラーなどを自由に選び組み合わせることができるタイプのこと。設置する空間のボリュームに合わせて組み合わせることで、オリジナルな洗面スペースを作ることができ、収納を充実させたり、ユーティリティ機能を高めたりと、さまざまなプランニングが可能です。
    ユニットタイプ…洗面ボウルと鏡、収納キャビネット、照明、水栓金具などで構成され、比較的手ごろな価格の商品も揃っているのがユニットタイプの洗面化粧台。最近では、デザインや機能のバリエーションが豊富になり、空間プランに合わせてコーディネートすることも可能。なかには、システムタイプのように収納ユニットなど組み合わせができるタイプもあります。

  • 洗面化粧台の設備には、どんなものがあるの?

    曇り止めのミラーや洗面所暖房機、足元暖房などがあります。またお湯が出にくい2階や離れなどに洗面台を備えるなど、給湯配管がない場所では電気温水器を付ければ、めんどうな工事無しでお湯が出るようになります。

  • 洗面化粧台のリフォームには何日くらい必要?

    A標準工期で1日です。

ページトップへ
お問い合わせ