太陽ホーム トップページ >> 最新実例紹介 >> 屋内 >> T様邸 漆喰・押入れ内部補修・キッチンレンジフード

最新実例紹介

屋内T様邸 漆喰・押入れ内部補修・キッチンレンジフード

何度か当社にご依頼のお客様。カビ・剥がれの原因を確認する為立会い工事の基、提案通りの既存の断熱不足と判断できた為、解体からそのまま引き続き修繕工事をさせて頂きました。

写真には、写っておりませんがコンロ上に換気扇用のレンジフードが無い為、換気が悪く直ぐ結露していたようですが施工後クロス壁+レンジフード取り付けにより快適になったそうです。

リフォームデータ
リフォーム部位屋内
概算工事費用¥220,000-
建物軽量鉄骨造
築年数51年

リフォームのきっかけ

食器棚を買い換えた際、裏の漆喰をみたら膨らんで剥がれていた。併せて押入れ内のカビが前から気になっていた為、御相談のご依頼。。。

  • 左下の漆喰壁が膨らんでいます

  • 【アップ画像】
    触ると「ポロポロ」漆喰が砂となって落ちてきますので、掃除してもキリがない状態です。

  • 〜解体作業〜
    御施主様に伺ったとろ前回改修の際、防水塗料を塗布されたようで、壁が呼吸できなかったのも原因の一つと考えます。 

  • 断熱材は入っておりますが、経年劣化も含め、上記のような複数の原因から起こってると考えます。キッチン換気扇のみでレンジフードが設置されていなかったのも1つと考えます。

  • 断熱材がダメになっている所を、入れ替えました。現在の木造柱のピッチより狭い為、柱を補強しながら補修させて頂きました。一旦木工事は終わりです。細かい所ですが漆喰壁と修繕した境目に見切り材を施工致しましたので今後キッチン側を工事する際にクロス工事にも対応が出切るよう先を見越した施工をご提案しました

  • 次は、押入れ内のカビの原因確認と、壁材の張替えです。

  • 。施工前に確認した所、外壁側ではなく階段下側の壁のみがカビが見受けられました。

  • 〜解体後〜
    床下換気扇+白蟻消毒は施されておりましたがカビが出ていた原因は写真の通り、押入れ下のみ断熱材がない状態でした。換気されるように見えますが、押入れ下と押し入れ内の寒暖差から結露+カビが出てると考えます。

  • 根太補強しながら断熱材を押入れ向こうの床と、押入れ下にも断熱材を施しました。此方も現在の断熱材の入れ方で断熱材の耳をホチキスで丁寧に止めていきます。

  • 見違えるように綺麗に仕上がりました。手刻みの工法の新築も施工している大工さんですので、雑巾刷りも木材を割き付け替えさせて頂きました。

どの改修工事にも言えることですが、上辺だけの工事・原因を付き止めないと又同じ様な工事をする事が多いです。安かろう悪かろうではない工事をお薦めいたします!!

ページトップへ
お問い合わせ